中家堂の歴史

 明治初期時代


 -中家堂を興し、軍配せんべいが生まれた明治初期時代-


  中家堂は、明治初年(以前の栞等では、慶応2年となっていますが、その話は後程)
  数多くの店が軒を並べる、中仙道熊谷宿の一角に、初代 中村藤吉が興した菓子屋です。


明治時代の中家堂

西洋版画家 合田清の銅版画


この絵は、明治時代の頃の中家堂の様子が描かれた銅版画です。
当時の店構えに馬車や人力車など、中仙道を往来している人の姿がよく表されていて、昔の風情を思わせる味わい深いものになっています。
油絵と西洋版画の元祖、合田清の手によるものと言われています。




中家堂初代 中村藤吉

  中家堂の初代・中村藤吉は安政二年生まれです。
  中村家は上中条村中村家から明治初年に、兄・平七と弟・藤吉が熊谷に出てきた
  とされています。
  兄・平七は中家の屋号で薬種屋や度量衡を商い、後写真館を開きました。
  弟・藤吉は菓子職人を志して上京し、大和大掾(老舗菓子店 虎屋伊織)の門下
  で修業をし、菓子職人になりました。
  尚、以前の栞などで「慶応二年創業」とされているのは、戦争で店がすべて焼失
  した際、一時創業時期が分からなくなっていたため、やむなく予測された年にし
  ていた所以です。後に残された書物などで明治初年頃であると分かりました。



軍配焼型

   「中」の字を図案化した軍配せんべいが誕生


    熊谷に戻った藤吉は、地元で収穫される良質の小麦を利用
    した菓子を作りたいと考え、この地粉に卵・砂糖を加えて
    瓦せんべいを作りました。
    店舗が中仙道の一角にあったことから中仙道の「中」の字
    を軍配に見立て、縁起の良い形から武州が生んだ関東武士
    の「勝運」を担いで、菓子に「軍配」と名前が付けられま
    した。


●写真提供 中村写真館


ページトップへ